東京都23区の民泊

全国解禁、民泊新法が国会で成立ガイドラインの重要ポイントガイドライン全文(住宅宿泊事業法施行要領) 、 いつからの施行、届出申請開始、 東京都の民家を合法的許可民泊運営するためには、4つの申請方法があります。

最新情報はコチラ
年間180日の残り185日借上げ申込はコチラ
東京都の民家を合法的に民泊運営するためには、4つの方法がありそれぞれにメリット・デメリットがあります。
民泊新法、旅館業法(簡易宿所)、特区民泊、イベント民泊
都市整備局長 東京都議会定例会
平成28年6月8日
マンションにおける民泊についてでございますが、外国人旅行者が増加する中、民泊における騒音など、 利用者のマナーをめぐる住民とのトラブル防止は重要でございます。
国は、民泊について実態が先行していることから、規制改革実施計画において、住宅を活用した宿泊サービスに関し、 旅館業法とは別に、利用者の騒音や苦情への対応も含めた新たな法整備に取り組むことを示してございます。
都としては、国の動向等を踏まえつつ、マンションの所有者や管理組合等が適正に管理を行えるよう、 マンション管理ガイドラインへの民泊に関する内容の反映やその周知、 セミナー等でのトラブル防止に関する注意喚起を行うなど、適切に対応してまいります。
旅館業法、特区民泊、民泊法、マンスリー市場イメージ
旅館業法、特区民泊、民泊法比較表