港区の民泊

全国解禁、民泊法2017年国会で成立ガイドラインの重要ポイントガイドライン全文(住宅宿泊事業法施行要領) 、 2018年いつからの施行6月15日届出申請開始3月15日、 港区の民家を合法的に民泊運営するためには、4つの方法があります。

最新情報はコチラ
年間180日の残り185日借上げ申込はコチラ
東京都港区の民家を合法的に民泊運営するためには、重要な4つの方法がありそれぞれにメリット・デメリットがあります。 国家戦略特区民泊、旅館業法簡易宿所、イベント民泊、民泊法(住宅宿泊事業法)民泊法(住宅宿泊事業法)2018年6月15日施行スケジュールガイドライン全文(住宅宿泊事業法施行要領)PDF
総合対応
区は、マンション等における「民泊」に関する相談に対応し、必要な調査を行っています。
その結果、旅館業法に抵触する事案については是正指導を行っています。
いわゆる「民泊」に関しては、現在、国家戦略特別区域法に基づき旅館業法の適用除外を認定する制度があります。
港区は、平成26年5月に国家戦略特別区域に指定されましたが、認定を行うためには、内閣総理大臣による区域計画の認定、港区による条例の制定が必要です。
現時点では、区域計画及び条例が整備されておらず、港区内ですぐに適用除外の認定が行われる状況にはありません。
一方、旅館業法の許可取得を促進するため、旅館業法施行令が平成28年4月に改正され、簡易宿所営業の構造設備基準が一部緩和されました。
このような動きが進んでいますが、港区はいずれの場合でもマンションの居住者をはじめ近隣住民の皆さまの生活との調和を図ることが重要と考えており、 引き続き国の動向を注視するとともに、運用にあたっては、区民の安全、安心が確保されるよう慎重に対応いたします。
なお、税務当局との連携については、税務調査等の要請があれば、必要な情報提供をしてまいります。
旅館業法、特区民泊、民泊法、マンスリーマンション市場イメージ
旅館業法、特区民泊、民泊法比較表