拝啓、民泊様

黒木メイサ、新井浩文出演

最新情報はコチラ
 女優の黒木メイサと俳優の新井浩文が、10月よりMBS、TBSドラマイズム枠にて放送される『拝啓、民泊様。』でW主演を務めることが12日、わかった。
「民泊」を舞台にしたハートフルなオリジナルストーリーで、 2人は労働基準監督署に勤める恐妻・山下沙織(黒木)とゲーム会社で働く平凡な夫・寛太(新井)を演じる。
民泊がはじめて認可された国家戦略区域である、大田区が全面協力している同作。ある日突然、 会社をリストラされた寛太は怒られると怖い嫁・沙織に言い出せないまま流行の民泊ビジネスをスタート。
勢いで始めた民泊はトラブルの連続、さらに最悪のタイミングでバレるリストラに離婚の危機が。果たして、民泊ビジネスはうまくいくのか…。
黒木は「夫婦にスポットがあたった役は初めてですが、夫にビクビクされるような、怒らせると怖い妻の役です」と役どころを紹介した上で「でも、 怒るのはきっと寛ちゃんのため。
痛快で愛のある作品になるように努めさせていただきます」と気合い十分。一方の新井は「深夜ドラマですが、エロなし。下ネタなし。
バイオレンスなし。安心してご覧ください」と“独特な視点”から作品の魅力をアピールした。
沙織の兄・江南昌平は中野裕太、昌平に好意を寄せる立川美由は今野杏南、寛太の父で元旅館経営者は鈴木正幸が演じる。放送日時は以下の通り。
関連記事
関係事項
市場イメージ