訪日外国人の宿泊データ

宿泊旅行統計調査

最新情報はコチラ
民泊法成立「住宅宿泊事業法案」今後のスケジュール 政府は去年秋に民泊の実態調査をしましたが把握出来ていないのが現状です。
実態を掴めなければ違反を含め対応が出来てません。
そこで、今国会に提出されている、民泊新法「住宅宿泊事業法」は届け出制というハードルを下げ、実態把握を優先したと思われます。
観光庁が2018年1月から宿泊統計に「民泊」データを算入し訪日客の実態把握をするためには民泊新法の施行は必須です。
また、今回は代行会社及び民泊サイト運営者が対象になることで、根本から規制をかけられるのがポイントとなってます。
関連記事
関係事項
市場イメージ