世田谷区の民泊

全国解禁、民泊新法が国会で成立ガイドラインの重要ポイントガイドライン全文(住宅宿泊事業法施行要領) 、 いつからの施行、届出申請開始、 世田谷区の民家を合法的許可民泊運営するためには、4つの申請方法があります。

最新情報はコチラ
年間180日の残り185日借上げ申込はコチラ
東京都世田谷区の民家を合法的に民泊運営するためには、4つの方法がありそれぞれにメリット・デメリットがあります。
民泊新法、旅館業法(簡易宿所)、特区民泊、イベント民泊
世田谷区の総合対応
東京都世田谷区の保坂展人区長は6日の記者会見で、住宅の空き部屋などに有料で旅行者を泊める「民泊」について有識者らの検討会を4月にも設置すると発表した。
騒音防止や苦情への対応といった住環境の確保策のほか、観光資源としての活用方法をさぐる。
検討会の意見を参考に、早ければ今夏をメドに区の民泊に関する方針をまとめる。
政府は訪日外国人客の増加を見すえ、全国で民泊を解禁するための法案の国会提出を予定している。
新法で区市町村に民泊に関する条例制定権が付与されれば、世田谷区は条例を制定する方針だ。
保坂区長は会見で「宿泊施設の確保が課題だが、騒音やごみ出しのルールが守られず近隣とトラブルになっている」と指摘。
検討会の方針や条例では、民泊を手がける業者の要件などを定める考えだ。
同区によると、2016年度の民泊についての相談件数は46件で、15年度の17件と比べ急増している。
旅館業法、特区民泊、民泊法、マンスリー市場イメージ
旅館業法、特区民泊、民泊法比較表