板橋区の民泊

全国解禁、民泊新法が国会で成立ガイドラインの重要ポイントガイドライン全文(住宅宿泊事業法施行要領) 、 いつからの施行、届出申請開始、 板橋区の民家を合法的許可民泊運営するためには、4つの申請方法があります。

最新情報はコチラ
年間180日の残り185日借上げ申込はコチラ
東京都板橋区の民家を合法的に民泊運営するためには、4つの方法がありそれぞれにメリット・デメリットがあります。
民泊新法、旅館業法(簡易宿所)、特区民泊、イベント民泊
板橋区の総合対応
様子見というスタンス。
施行令の改正を受けてから検討を開始したので、現在条例等の改正はなされていないが、改正を検討している。
具体的には、まず玄関帳場に関して、現在その設置については指導という形で行っているが、玄関帳場もしくは類似の設備の設置義務を条例に盛り込む予定。
また、トイレの数については、現在は個室にトイレが無い場合に限り、共同便所の設置数の規定が適用される形になっているが、 改正後にはその場合でも個室の定員に合わせて、個室内において設置数の規定が適用される形に改正される見込み。
人数に対する設置数自体に変わりはない予定なので、規制緩和というわけではない。ただ、例外を緩やかに考えていく可能性はある。
旅館業法、特区民泊、民泊法、マンスリー市場イメージ
旅館業法、特区民泊、民泊法比較表