千代田区の民泊

全国解禁、民泊新法が国会で成立ガイドラインの重要ポイントガイドライン全文(住宅宿泊事業法施行要領) 、 いつからの施行、届出申請開始日、 千代田区の民家を合法的許可民泊運営するためには、4つの申請方法があります。

最新情報はコチラ
年間180日の残り185日借上げ申込はコチラ
東京都千代田区の民家を合法的に民泊運営するためには、4つの方法がありそれぞれにメリット・デメリットがあります。
民泊新法、旅館業法(簡易宿所)、特区民泊、イベント民泊
千代田区の総合対応
条例では施設内に従業員を常駐させることを要求している。
玄関帳場の必置、フロント等客室のないフロアも含めた男女別のトイレの設置、客室に「直接」外気を供給できる設備の設置等を要求している。
規則では簡易宿所について部屋の最低面積を「4.8平方メートル」としている。
この規定と施行令改正との関係が問題となるが、この規則は改正された施行令が該当しない場合、 すなわち10人以上の場合に適用されるもので、規則と改正施行令は抵触するものではない。
旅館業法、特区民泊、民泊新法、マンスリー市場イメージ
旅館業法、特区民泊、民泊新法比較表