横浜市の民泊

全国解禁、民泊法2017年国会で成立ガイドラインの重要ポイントガイドライン全文(住宅宿泊事業法施行要領) 、 2018年いつからの施行6月15日届出申請開始3月15日、 横浜市の民家を合法的に民泊運営するためには、4つの方法があります。

メルマガ今すぐ登録!最新情報
横浜市の民家を合法的に民泊運営するためには、重要な4つの方法がありそれぞれにメリット・デメリットがあります。 国家戦略特区民泊、旅館業法簡易宿所、イベント民泊、民泊法(住宅宿泊事業法)スケジュール2017年12月末日までにガイドライン(詳細ルール)が決定され、
民泊法(住宅宿泊事業法)2018年6月15日施行
林文子市長 横浜市議会定例会
平成28年5月27日
民泊に係る現状と課題についてですが、訪日外国人観光客の需要に対応し宿泊施設の増加を図ることは重要でして、 市内においても、今後、民間事業者による複数のホテル建設が予定されています。
民泊に対する今後の対応についてですが、国は簡易宿所のフロントについて、設けることから、設けることが望ましいと規制を緩和しましたが、 現在の横浜市旅館業法施行条例では、簡易宿所についてもフロントの設置を義務づけています。
フロント設置の基準は、宿泊施設側が宿泊客を把握し、防犯や衛生上の対策を講じるために重要でございまして、 規制緩和には慎重な検討が必要と考えております。
本市としましては、6月に報告が予定されている国の検討結果に応じて慎重に判断してまいります。
旅館業法、特区民泊、民泊法、マンスリーマンション市場イメージ
旅館業法、特区民泊、民泊法比較表