奈良県の民泊

全国解禁、民泊新法が国会で成立ガイドラインの重要ポイントガイドライン全文(住宅宿泊事業法施行要領) 、 いつからの施行、届出申請開始、 奈良県の民家を合法的許可民泊運営するためには、4つの申請方法があります。

最新情報はコチラ
奈良県の民家を合法的に民泊運営するためには、重要な4つの方法がありそれぞれにメリット・デメリットがあります。 国家戦略特区民泊、旅館業法簡易宿所、イベント民泊、民泊法(住宅宿泊事業法)民泊法(住宅宿泊事業法)2018年6月15日施行スケジュールガイドライン全文(住宅宿泊事業法施行要領)PDF
観光局長 奈良県議会定例会
平成28年3月10日
外国人観光客の大幅な増加を受けまして、 ホテル不足が常態化しております東京、大阪、京都などでは民泊のニーズが高まっていると聞いているところでございます。
一方、無許可でマンションの空き室等を活用して旅行者を宿泊させ、トラブルや事故が発生する事例もございまして、 何よりも優先されるべきであります安全安心な宿泊環境が整っていない実態も報道されているところでございます。
議員お述べのとおり、国におきましては民泊の規制緩和措置が検討され、国家戦略特区の指定地域におきましては民泊の申請受け付けが始まるなど、 さまざまな動きが展開されております。
民泊は、人口が減少する地域におきましては、空き部屋や遊休資産の有効活用を図り、経済の活性化が期待できます。
また観光客にとって宿泊施設の選択肢を広めるという効果もございまして、 客室が少ない本県にとりましては、滞在型観光を促進する一助となる可能性がございます。
今後、県といたしましては、国の動き等を注視するとともに、優良な民泊を育てていくといった観点からどのような取り組みや支援が可能か、 幅広く検討を進めてまいりたいと考えているところでございます。
民泊は、人口が減少する地域におきましては、空き部屋や遊休資産の有効活用を図り、経済の活性化が期待できます。
また観光客にとって宿泊施設の選択肢を広めるという効果もございまして、 客室が少ない本県にとりましては、滞在型観光を促進する一助となる可能性がございます。
今後、県といたしましては、国の動き等を注視するとともに、優良な民泊を育てていくといった観点からどのような取り組みや支援が可能か、 幅広く検討を進めてまいりたいと考えているところでございます。
奈良県の旅館業に関する相談窓口
  • 良市保健所 保健予防課 医療給付係
    奈良市三条本町13-1
    TEL 0742-93-8397
  • 郡山保健所 精神保健難病係
    大和郡山市満願寺町60-1
    TEL 0743-51-0195
  • 中和保健所 難病対策係
    橿原市常磐町605-5
    TEL 0744-48-3036
  • 吉野保健所 精神保健難病係
    吉野郡下市町新住15-3
    TEL 0747-52-0551
奈良県の関連記事
奈良県の関係事項
旅館業法、特区民泊、民泊法、マンスリーマンション市場イメージ
旅館業法、特区民泊、民泊法比較表