長野県の民泊

全国解禁、民泊新法が国会で成立ガイドラインの重要ポイントガイドライン全文(住宅宿泊事業法施行要領) 、 いつからの施行、届出申請開始、 長野県の民家を合法的許可民泊運営するためには、4つの申請方法があります。

最新情報はコチラ
長野県の民家を合法的に民泊運営するためには、4つの方法がありそれぞれにメリット・デメリットがあります。
民泊新法、旅館業法(簡易宿所)、特区民泊、イベント民泊
地域の実情に応じた民泊制度の実現に向けた法整備を求める意見書(案)
平成28年9月30日
我が国では、訪日外国人観光客の増加により、大都市圏を中心として宿泊施設の不足が顕在化している。
このような中、国は、住宅を活用して宿泊サービスを提供する「民泊サービス」の制度化に向けた検討を進めている。
民泊は、宿泊施設の確保につながることが期待される一方、地域住民の暮らしに対し、 生活・衛生環境や防犯・防災面等の様々な分野に影響が及ぶことが懸念される。
また、本県においては、宿泊施設の稼働率が全国でもとりわけ低い状況にあり、民泊の推進よりも既存施設の活用が深刻な課題となっていることから、 民泊制度の導入については、様々な議論があるところである。
よって、本県議会は、国会及び政府において、民泊制度の構築に当たり、地方の意見を十分に聴くとともに、 地域の実情に応じた運用を可能とする法整備を行うよう強く要請する。
軽井沢町
民泊施設は認めません
民泊施設等の取扱基準について
軽井沢町では、国際親善文化観光都市及び保健休養地としてのまちづくりを進めてきており、善良なる風俗の維持と良好な自然環境の保全に尽くしてきました。
このため、不特定多数による利用や風紀を乱すおそれがあることから、民泊施設の設置については、町内全域で認めないこととし、基準を設けました。
引き続き清らかな環境と善良なる風俗を守るため、皆様のご協力をお願いいたします。
【取扱基準の概要】
1.民泊施設は、町内全域において認めません。
2.カプセルホテルその他これに類する施設の設置は、町内全域において認めません。
長野県の旅館業に関する相談窓口
  • 佐久保健福祉事務所 食品・生活衛生課
    0267-63-3165
  • 上田保健福祉事務所 食品・生活衛生課
    0268-25-7150
  • 諏訪保健福祉事務所 食品・生活衛生課
    0266-57-2928
  • 伊那保健福祉事務所 食品・生活衛生課
    0265-76-6865
  • 飯田保健福祉事務所 食品・生活衛生課
    0265-53-0445
  • 木曽保健福祉事務所 食品・生活衛生課
    0264-25-2235
  • 松本保健福祉事務所 食品・生活衛生課
    0263-40-1940
  • 大町保健福祉事務所 食品・生活衛生課
    0261-23-6528
  • 長野保健福祉事務所 食品・生活衛生課
    026-225-9065
  • 北信保健福祉事務所 食品・生活衛生課
    0269-62-3106
長野県の関連記事
長野県の関係事項
旅館業法、特区民泊、民泊法、マンスリー市場イメージ
旅館業法、特区民泊、民泊法比較表