北海道の民泊

全国解禁、民泊法2017年国会で成立ガイドラインの重要ポイントガイドライン全文(住宅宿泊事業法施行要領) 、 2018年いつからの施行6月15日届出申請開始3月15日、 北海道の民家を合法的に民泊運営するためには、4つの方法があります。

最新情報はコチラ
北海道の民家を合法的に民泊運営するためには、重要な4つの方法がありそれぞれにメリット・デメリットがあります。 国家戦略特区民泊、旅館業法簡易宿所、イベント民泊、民泊法(住宅宿泊事業法)民泊法(住宅宿泊事業法)2018年6月15日施行スケジュールガイドライン全文(住宅宿泊事業法施行要領)PDF
高橋はるみ知事 北海道議会定例会
平成28年3月3日
民泊への対応についてでありますが、民泊は、近年急増する外国からの旅行者などに本道の暮らしや文化を直接伝え、 道民との交流を深めていただく大変よい機会でもあり、利用者の安全及び衛生が確保されていることを基本として、ホテルや旅館などの稼働状況はもとより、 地域経済の活性化や本道の魅力を生かした多様なツーリズムといったさまざまな観点から、 今後の対応について検討していくことが必要と考えるところであります。
私といたしましては、道内の各地域において、これまで農家民宿等で蓄積してきたノウハウなども生かすとともに、昨年10月に訪問したイタリアにおける、 集落の中心部に受付を設け、空き家なども活用し、複数の施設により、地域ぐるみで宿泊客をもてなす仕組みなども参考にしながら、 庁内横断的な検討会を新たに設置し、 実現に向けて、地域や事業者のニーズなどをお伺いし、新たなルールや必要となる規制緩和も含めて検討を進め、 北海道にふさわしい民泊のあり方を早期に取りまとめてまいる考えであります。
旅館業法、特区民泊、民泊法、マンスリーマンション市場イメージ
旅館業法、特区民泊、民泊法比較表