徳島県の民泊

全国解禁、民泊法2017年国会で成立ガイドラインの重要ポイントガイドライン全文(住宅宿泊事業法施行要領) 、 2018年いつからの施行6月15日届出申請開始3月15日、 徳島県の民家を合法的に民泊運営するためには、4つの方法があります。

最新情報はコチラ
徳島県の民家を合法的に民泊運営するためには、重要な4つの方法がありそれぞれにメリット・デメリットがあります。 国家戦略特区民泊、旅館業法簡易宿所、イベント民泊、民泊法(住宅宿泊事業法)民泊法(住宅宿泊事業法)2018年6月15日施行スケジュールガイドライン全文(住宅宿泊事業法施行要領)PDF
熊谷幸三副知事 徳島県議会定例会
平成28年6月15日
民家や空き家を利用した民泊の推進、イベント開催時における食品提供手法の改善、旅行業者の取扱対象拡大による旅行商品の創造など、 地域ニーズを酌み取った建設的な規制緩和のアイデアが提案されているところであります。
徳島県の総合対応
徳島県では、本県における「民泊」のあり方の検討・推進を図るため、県庁内関係各部局による「徳島県民泊推進検討会」を設置しています。
このたび、当検討会において、徳島県で民泊を行う場合の疑問点についてQ&A形式で解説する「徳島県『民泊』解説ハンドブック」を作成しました。
徳島県の旅館業に関する相談窓口
  • 徳島保健所
    徳島市新蔵町3-80
    088-652-5151
  • 美波保健所
    海部郡美波町奥河内字弁才天17-1
    0884-74-7343
  • 吉野川保健所
    吉野川市鴨島町鴨島106-2
    0883-24-1114
  • 美馬保健所
    美馬市穴吹町穴吹字明連23
    0883-52-1017
  • 三好保健所
    三好市池田町マチ2542-4
    0883-72-1122
徳島県の関連記事
徳島県の関係事項
旅館業法、特区民泊、民泊法、マンスリーマンション市場イメージ
旅館業法、特区民泊、民泊法比較表