新潟県の民泊

全国解禁、民泊法2017年国会で成立ガイドラインの重要ポイントガイドライン全文(住宅宿泊事業法施行要領) 、 2018年いつからの施行6月15日届出申請開始3月15日、 新潟県の民家を合法的に民泊運営するためには、4つの方法があります。

最新情報はコチラ
新潟県の民家を合法的に民泊運営するためには、重要な4つの方法がありそれぞれにメリット・デメリットがあります。 国家戦略特区民泊、旅館業法簡易宿所、イベント民泊、民泊法(住宅宿泊事業法)民泊法(住宅宿泊事業法)2018年6月15日施行スケジュールガイドライン全文(住宅宿泊事業法施行要領)PDF
泉田裕彦知事 新潟県議会定例会
平成28年6月10日
4月から実施された民泊サービスに係る国の規制緩和は、旅館業法の簡易宿泊所営業の枠組みを活用したものであります。
これは、県または新潟市が許可し、保健所による監視指導を行うということでありますので、 従前どおりであり、安全面等における影響は少ないものと認識をいたしております。
県といたしましては、このたびの規制緩和を受けまして、今後、関係者とも十分協議の上、県条例の改正を検討してまいりたいと思います。
新潟県の総合対応
農林漁業体験民宿を開業するには
農山漁村での滞在型体験旅行ニーズの高まりにともない、宿泊施設及び交流拠点として、農林漁業体験民宿(農家民宿)が注目されています。
居宅で農家民宿を開業する場合、各種法令で定める基準が緩和されなど、開業がやりやすくなっています。
旅館業法、特区民泊、民泊法、マンスリーマンション市場イメージ
旅館業法、特区民泊、民泊法比較表