長崎県の民泊

全国解禁、民泊法2017年国会で成立ガイドラインの重要ポイントガイドライン全文(住宅宿泊事業法施行要領) 、 2018年いつからの施行6月15日届出申請開始3月15日、 長崎県の民家を合法的に民泊運営するためには、4つの方法があります。

最新情報はコチラ
長崎県の民家を合法的に民泊運営するためには、重要な4つの方法がありそれぞれにメリット・デメリットがあります。 国家戦略特区民泊、旅館業法簡易宿所、イベント民泊、民泊法(住宅宿泊事業法)2018年6月15日施行s民泊法(住宅宿泊事業法)2018年6月15日施行スケジュールガイドライン全文(住宅宿泊事業法施行要領)PDF
観光振興課長 長崎県議会定例会
平成28年6月15日
民泊につきましては、国の方でも、今、制度について一定議論がされているところでございますけれども、一般的にメリットといたしましては、宿泊施設、 現在、インバウンドを含め、観光客が非常に増えてきている中で、一部の地域によっては宿泊施設の不足が言われています。
そういった宿泊施設不足の解消につながるのではないかという点、 あるいはさまざまな旅行客の宿泊ニーズに対応できる形態として活用できるのではないかというところ、 もう一つは、空き家の活用についても、一定促進が図られるのではないか、そういったメリットがあるものと思っております。
一方でデメリットといたしましては、民間の住宅等を活用するということで、 騒音の問題であったり、ごみの問題であったりとか、近隣住民とのトラブルが起こりやすいということ、 あるいはテロ等の治安上の問題から、テロ等にそういった施設を悪用されるのではないかというデメリット、あるいは既存のホテル・旅館との競合問題、 あるいは規制のバランスの問題、そういったデメリットがあると思います。
そういったことをメリット、デメリットとして私どもは認識しているところでございます。
そういう中で、国の方で、今、民間の住宅を使った宿泊の提供については、一定の要件のもとに、 既存の旅館・ホテルの旅館業法とは別の法律で対応について整備が検討されているところでございますので、 私どもとしては、まずはそういった国の動向をしっかり見極めながら今後の対応について検討していきたいと考えております。
長崎県の総合対応
グリーン・ツーリズム推奨
農山漁村地域において、自然・文化・人々との交流を楽しむ滞在型の余暇活動のことをいいます。
新たなライフスタイルとして、都市と農山漁村それぞれに住む人々がお互いの地域の魅力を分かち合い、「人・もの・情報」の行き来を活発にする取り組みです。
このグリーン・ツーリズムにより、農山漁村地域の高齢者や女性などに生きがいや活躍の場を提供し、農水産業後継者の育成や遊休農地の解消等を図り、 地産地消の推進、地域の活性化などを目指すことができます。
旅館業法、特区民泊、民泊法、マンスリーマンション市場イメージ
旅館業法、特区民泊、民泊法比較表