高知県の民泊

全国解禁、民泊新法が国会で成立ガイドラインの重要ポイントガイドライン全文(住宅宿泊事業法施行要領) 、 いつからの施行、届出申請開始、 高知県の民家を合法的許可民泊運営するためには、4つの申請方法があります。

最新情報はコチラ
高知県の民家を合法的に民泊運営するためには、4つの方法がありそれぞれにメリット・デメリットがあります。
民泊新法、旅館業法(簡易宿所)、特区民泊、イベント民泊
高知県の総合対応
土佐町における民泊の取組
土佐町では、30年前に青森県の十和田湖町(現:十和田市)と姉妹都市交流がはじまり、以来、毎年、 親善交流使節団として小学生がそれぞれの町を訪問しています。
訪問中は一般家庭にホームステイ(民泊)をすることから、子どもたちの受入経験がある家庭は多く、民泊に取り組む上では一定の素地があると言えます。
その土佐町において、今年度から民泊の取組が本格的にスタートしました。
道の駅「土佐さめうら」の指定管理者であるNPO法人土佐さめうら観光協会が、 農林水産省の都市農村共生・対流総合対策交付金を受けて民泊の受入体制の整備等を行うもので、 主な取組内容は以下のとおりです。
旅館業法、特区民泊、民泊法、マンスリー市場イメージ
旅館業法、特区民泊、民泊法比較表