神奈川県の民泊

全国解禁、民泊法2017年国会で成立ガイドラインの重要ポイントガイドライン全文(住宅宿泊事業法施行要領) 、 2018年いつからの施行6月15日届出申請開始3月15日、 神奈川県の民家を合法的に民泊運営するためには、4つの方法があります。

最新情報はコチラ
神奈川県の民家を合法的に民泊運営するためには、重要な4つの方法がありそれぞれにメリット・デメリットがあります。 国家戦略特区民泊、旅館業法簡易宿所、イベント民泊、民泊法(住宅宿泊事業法)民泊法(住宅宿泊事業法)2018年6月15日施行スケジュールガイドライン全文(住宅宿泊事業法施行要領)PDF
黒岩祐治知事 神奈川県議会定例会
平成28年6月8日
外国人観光客の受け入れ対策としての「民泊」について「国家戦略特区による民泊は有効性がある。可能な地域から特区の活用を進めていく」との考えを示した。
同日の県議会第3回定例会本会議で県政会の楠梨恵子氏(横浜市栄区)の代表質問に答えた。
旅館業法の特例制度を活用した特区の民泊は東京都大田区や大阪府の一部でスタート。
県も導入に向け、県内自治体や各旅館組合など意見交換を重ねてきた。
宿泊ニーズの状況が地域で異なることから、一律の特区活用ではなく市町村の意向を尊重してほしいとの要望があったという。
旅館業法改正で簡易宿泊所の営業として民泊が認められ、民泊法も予定されており、黒岩知事は「民泊が広がる状況が整う。
制度の円滑な運営に向け着実に取り組む」と述べた。
一方、ホテルに比べ稼働率が低い旅館については「魅力が十分に伝わっていない。 スタッフが外国人観光客対応に慣れておらず、受け入れ態勢の整備が遅れている」と指摘。
県観光魅力創造協議会が開発する周遊ルートに旅館宿泊を取り入れたり、 旅館スタッフ対象に外国の文化や習慣を学ぶ研修会を開催したりする対策を講じるとした。
林文子市長 横浜市議会定例会
平成28年5月27日 民泊に係る現状と課題についてですが、訪日外国人観光客の需要に対応し宿泊施設の増加を図ることは重要でして、市内においても、 今後、民間事業者による複数のホテル建設が予定されています。
民泊については、国は地方創生という視点から、地方への宿泊者も増加させるため推進していますが、議員御指摘のとおり、 騒音やごみ出し等の近隣住民とのトラブルなど、さまざまな課題も指摘されております。
民泊に対する今後の対応についてですが、国は簡易宿所のフロントについて、設けることから、 設けることが望ましいと規制を緩和しましたが、現在の横浜市旅館業法施行条例では、 簡易宿所についてもフロントの設置を義務づけています。
フロント設置の基準は、宿泊施設側が宿泊客を把握し、防犯や衛生上の対策を講じるために重要でございまして、規制緩和には慎重な検討が必要と考えております。
本市としましては、6月に報告が予定されている国の検討結果に応じて慎重に判断してまいります。
市長記者会見
平成28年1月4日
平成27年1月25日に政令指定都市市長会、観光・MICEのプロジェクトチームで、それぞれ民泊についての議論もありました。
それぞれ条例というよりも、国で今の業法の中で少し新たな区分を設けてという話も聞いているので、 その法律の運用の形を見きわめていきたいなとは思っていますが、 やはりメリットと同時にデメリットもあるので、そこのところをしっかり担保していかないといけないなと思っておりますし、 そのような発言をさせていただきました。
特に、いきなり住宅地で民泊が起きてくることになりますと、それは市民生活には少なからず影響を及ぼすことですから、 そういったルールづくりは少し、これから形が見えてくるのであれば、機会を見て意見していきたいなとは思っていますけれども。
国でその検討が始まっている状況ですから、条例でどうのこうのとしている間に、もう国が既に動き出すということですから、 そこにしっかりと、もし私どもと違う考えのことであれば、しっかり国にも要望活動していきたいと思いますし、そういう立場です。
神奈川県の旅館業に関する相談窓口
  • 平塚保健福祉事務所
    平塚市豊原町6-21
    0463(32)0130
  • 秦野センター
    秦野市曽屋2-9-9
  • 鎌倉保健福祉事務所
    鎌倉市由比ガ浜2-16-13
    0467(24)3900
  • 三崎センター
    三浦市三崎町六合32
    046(882)6811
  • 小田原保健福祉事務所
    小田原市荻窪350-1
    0465(32)8000
  • 茅ケ崎保健福祉事務所
    茅ヶ崎市茅ヶ崎1-8-7
    (85)1171
  • 厚木保健福祉事務所
    厚木市水引2-3-1
    046(224)1111
  • 大和センター
    大和市中央1-5-26
    046(261)2948
神奈川県の関連記事
神奈川県の関係事項
旅館業法、特区民泊、民泊法、マンスリーマンション市場イメージ
旅館業法、特区民泊、民泊法比較表