広島県の民泊

全国解禁、民泊法2017年国会で成立ガイドラインの重要ポイントガイドライン全文(住宅宿泊事業法施行要領) 、 2018年いつからの施行6月15日届出申請開始3月15日、 広島県の民家を合法的に民泊運営するためには、4つの方法があります。

最新情報はコチラ
広島県の民家を合法的に民泊運営するためには、重要な4つの方法がありそれぞれにメリット・デメリットがあります。 国家戦略特区民泊、旅館業法簡易宿所、イベント民泊、民泊法(住宅宿泊事業法)民泊法(住宅宿泊事業法)2018年6月15日施行スケジュールガイドライン全文(住宅宿泊事業法施行要領)PDF
商工労働局長 広島県議会定例会
平成27年12月11日
訪日外国人観光客が急増する中で、東京や大阪等の大都市ではホテルを中心といたしまして予約が取りにくい状況となっております。
そういう意味で、今後の宿泊施設の不足が懸念されております。
こうした中、国家戦略特区に指定されております大阪府と東京都大田区におきましては、旅館業法の規制緩和によりまして、 マンションの空き室などを活用した、いわゆる民泊サービスを進めるための条例が制定されたところでございます。
また、国におきましては、特区制度にとどまらず、一般的な制度としての民泊サービスにつきまして、関係省庁による実態把握を行い、 幅広い観点からルールづくりなどに関する検討を行うため、民泊サービスのあり方に関する検討会が設置されたところでございます。
第一回会合におきましては、民泊サービスにつきまして、旅館業法等の各種法令との関係のほか、衛生管理面・安全面、そして地域住民等とのトラブル防止、 さらにはホテル、旅館との役割分担などに対する意見が出されている状況でございます。
本県におきましても、外国人観光客が増加する中で、とりわけ広島市を中心といたしまして、観光需要の高い八月などにおきましては、 宿泊施設の稼働率が非常に高い状況にあるなど、宿泊需要増加への対応が課題の一つであると認識いたしております。
このため、宿泊需要への対応につきましては、既存の宿泊施設の稼働率を高めるための取り組みを進めますとともに、民泊サービスのあり方につきましては、 国における検討の動向を踏まえつつ、関係団体や旅館業法に関する許可等の事務を所管する関係市町とも協議してまいりたいと考えております。
旅館業法、特区民泊、民泊法、マンスリーマンション市場イメージ
旅館業法、特区民泊、民泊法比較表