愛媛県の民泊

全国解禁、民泊法2017年国会で成立ガイドラインの重要ポイントガイドライン全文(住宅宿泊事業法施行要領) 、 2018年いつからの施行6月15日届出申請開始3月15日、 愛媛県の民家を合法的に民泊運営するためには、4つの方法があります。

最新情報はコチラ
愛媛県の民家を合法的に民泊運営するためには、重要な4つの方法がありそれぞれにメリット・デメリットがあります。 国家戦略特区民泊、旅館業法簡易宿所、イベント民泊、民泊法(住宅宿泊事業法)民泊法(住宅宿泊事業法)2018年6月15日施行スケジュールガイドライン全文(住宅宿泊事業法施行要領)PDF
中村時広知事 定例記者会見
平成28年6月1日
平成24年に岐阜国体で実施されて以来、各地で見送っていた民泊を5年ぶりに愛媛国体で復活させます。 ここ4年間は民泊をやられていなかったんですけども、やるということになりました。
一昨日、重要要望で馳文科大臣ともこの話をしたところ、馳大臣はレスリングの選手として国体に出られて、民泊というのは本当によかったと、 選手にとっては思い出に残るおもてなしなのでそれはうれしいね、という話をされていたのが印象に残っております。
今、西予市、宇和島市、四国中央市、鬼北町この四つの自治体で民泊受け入れに向けた準備が進められています。
旅館業法、特区民泊、民泊法、マンスリーマンション市場イメージ
旅館業法、特区民泊、民泊法比較表