ビジネスモデル

民泊利用の訪日外国人は最初の宿泊先を決めてきます。途中の宿泊先は、移動しながら決めている外国人もいます。

民泊物件は一般住宅を活用しているので外観等で見分けつきません。

拡張現実(AR)で物件を写すと民泊情報が表示されたら便利ですよね!

お店の中に入らなくても店内が確認できたら便利です。

特に外国人とって便利だと思います。

インターネットの世界では、文章より写真、写真より動画となっています。

究極は仮想現実(VR)と拡張現実(AR)であるのは間違いありません。

Airbnb(エアビーアンドビー)は、仮想現実(VR)と拡張現実(AR)の開発と、それらの新機能に意欲的です。テクノロジーの進歩によって旅の在り方も進化するとして、VR/ARを使った次世代の旅を提案しています。

インターネットによって、不特定多数の口コミや画像、動画を参考にし、宿はもちろん訪問先のチョイスも格段に増えました。ガイドブックにも載っていないような地元のカフェやヨガスタジオ、スーパーのお惣菜コーナーを見るのが好きという旅人も増えているでしょう。まさにインターネットの力です。しかし、ここにVR/ARを取り入れることで、旅はさらにリッチに! Airbnbが提案しているのは、旅行前にはVR、旅行中にはARというスタイル。

宿探しや街の雰囲気を掴むためには、画像や動画だけではちょっと不十分。だから、まずはVRでその場所を事前に仮想体験してみましょうというわけです。これ、宿選びにはいいかもしれませんね。ホテルの写真って、感心するほどよく撮れている、撮れすぎているものありますし…。VRで部屋全体や部屋からの景色なんかも確認できれば、たしかにうれしい! 大切な記念旅行を計画したい人は、念には念をいれたいものです。

さて、旅が始まったらARの出番です。たとえば外国を訪れたとき、キッチンの使い方なんかが自分の言語で表示されていたらいいですよね。スマホをかざせば、さまざまな機能解説が出てくる。街の観光地に行けば、その土地や文化、歴史の解説が出てくる。これまたうれしい! また、民泊を手がけるAirbnbだけに、部屋のオーナーからのメッセージがマグカップや額縁に表示されるなんていうのも、アットホームな感じ。

なんにせよ、現実にちょっとプラスすることで旅はもっと濃いものになるというわけ。宿泊場所だけでなく、旅全体をAirbnbがプロデュースしようというのがうかがえます。VRもARも、まだまだ一般的になるにはこれからの技術。いろんなところで活用されるほど、一般化するスピードも早まるというもの。次世代スタイルの旅、期待しましょう!

前のページにはブラウザの『戻る』でお戻りください。
ページトップへ戻る

人手不足でも人件費は、思ったように上がりません。

支払う人件費を上回る売り上げが見込めず、事業者は費用対効果から休業を選択する。

私は人口減少に伴い労働人口減少になるから労働集約型ビジネスに疑問を持ってきました。 

しかし、人件費が上がれば労働不足はカバー出来ると思っていましたが、間違っていることに気づきました。

労働人口が減少して受給バランスが崩れても、スペシャリストでないと賃金は上がらないです。

賃金を上げられないです。上げられないから人が集まらない。

「新規開業パネル調査」の中で経営上苦労している点をみると、「従業員の人数が不足している」、「必要な能力を持った従業員を採用できない」がありました。

大手も一緒で苦労している点です。

だから、元旦営業を断念する企業が業種を問わず拡大しています。

ロイヤルホールディングス(HD)は、傘下のファミリーレストラン「ロイヤルホスト」で、2018年から全国の9割超の店舗で元日休業する。元日は週末並みの売り上げが見込めるが、「従業員に正月はリフレッシュしてもらう方が、結果的にサービスの質が向上し会社の利益になる」(同社)との判断だという。傘下の天丼チェーン「てんや」では17年から元日休業を始め、18年は対象を全国の8割に拡大する。

外食大手の大戸屋HDも、元日に休業する店舗を17年から2倍に増やし、18年は全直営店の約半数が休む見込み。対象店舗は今年の大みそかも休業する。同社も「従業員のワーク・ライフ・バランスを優先したい」と話す。

北海道や北関東でコンビニ「セイコーマート」を運営するセコマ(札幌市)も、元日休業の店を17年から拡大し、過半数の店舗で休業に踏み切る。

外食やコンビニ業界は人手不足でアルバイト店員を確保しにくく、人件費も高騰している。年末年始はさらに割増賃金を支払う必要もあり、高い費用をかけて営業するより、休業で労働環境改善や従業員の意欲向上につなげる方がよいとの判断だ。

元日休業の波は他業種にも広がる。通信大手のソフトバンクは携帯電話販売店「ソフトバンクショップ」「ワイモバイルショップ」を18年から原則として元日休業とし、全国の約8割の店が休む見込みだ。休業による各店の売り上げ減などを補うため、休む店舗には会社が支援金を支払う。同社は「売り上げを気にせず心おきなく休んでほしい」としており、労働環境を整え従業員の離職を防ぐ狙いだ。

正月営業が恒例だった住宅展示場も休業となる。大和ハウス工業は正月三が日に全国の住宅展示場や営業所などを休業とする。同社は「正月は日本人にとって大事な行事。家族と過ごすことで本人の意欲向上につながり、休み明けの生産性も高まる」と話す。

前のページにはブラウザの『戻る』でお戻りください。
ページトップへ戻る

「人生100年」会社員の定年が60歳から65歳に伸びても、ゴールが20年遠ざかった。年金も当てにできず、「悠々自適」なのは少数です。

次は好きなことを仕事にしたい意識が高まってます。

自分らしく生きることは素晴らしいことです。

廃業率が高いのは飲食業です。

理想と現実のギャップや準備不足が原因と言われてます。

ロマンとソロバン勘定

自分らしく生きる、好きなことを仕事にすることがビジネスで成功できるわけではありません。

飲食店に関わらずビジネスの基本と社会情勢や未来予測を考慮して展開しないと厳しい結果になります。

失敗しないための準備をすることが重要です。

どんな準備?

「新規開業パネル調査」(2011~2015年。日本政策金融公庫調べ)によれば、飲食店・宿泊業の廃業率は18.9%となっており、全業種平均(10.2%)に比べて倍近い。同調査は、ホテルや旅館など宿泊業(調査時期的に“民泊”例は少ない)を含む数字だが、実質は数の多い飲食業を反映した数字といます。

2015年末「新規開業パネル調査」の中で経営上苦労している点をみると、

「顧客開拓・マーケティングがうまくいかない」31.1%と最大の課題ではあるものの、その割合は低下しており、

「従業員の人数が不足している」、「必要な能力を持った従業員を採用できない」といった人材に関する課題がウエートを高めている。

前のページにはブラウザの『戻る』でお戻りください。
ページトップへ戻る

一度ルールを作って終わりではなく、何が起きるのかを見たうえで、見直すべきところは見直していく。

一度ルールを作って終わりではなく、何が起きるのかを見たうえで、見直すべきところは見直していく。

ロンドンオリンピックではホテルの高騰で旅行客が減りました。

五輪・パラリンピックはもちろん重要ですが、その後がもっと重要です。

2012年のロンドン大会では、外国人旅行者の数が2011年の同じ時期より減りました。

ホテルが高い、飛行機の座席がとれないといった理由で回避した人がたくさんいたのです。

一方で企業の接待需要でロンドンを訪れた人は多かったはずで、大会の終了後は早く一般の観光客に戻さなければなりません。

民泊はまだ入り口にさしかかったばかりです。

マーケットの動きが速い観光において、絶対の解はありません。

東京五輪・パラリンピックの後、どうすればミレニアル世代に日本に来てもらえるか。

前のページにはブラウザの『戻る』でお戻りください。
ページトップへ戻る

2016年2,400万人、2017年2,900万人、2018年3,200万人とインバウンドビジネスは成長産業となってます。また、日本人の国内旅行も拡大傾向にあり宿泊ビジネスは成長産業といえます。

最近、沖縄をはじめ日本人の若年層が民泊を利用しています。

世界的にも若年層を中心にシェアビジネスが急拡大しており、シェア自転車はコンビニや携帯キャリアが参入しています。

日本政府観光局が20日発表した11月の訪日外国人客数は前年同月と比べ27%増の237万7900人だった。格安航空会社(LCC)の路線増加などを背景に韓国、中国、インドネシア、フィリピン、ベトナム、ロシアの増加率が3割を超えた。観光庁の田村明比古長官は同日の記者会見で「2017年通年では2800万人台の半ばに迫る」との見通しを示した。 17年1~11月の合計は2616万人となり、前年の同じ時期より19%増えた。訪日客数は過去最高のペースで伸びている。政府は20年に4000万人を誘致する目標を掲げており、今後は欧米からの集客が課題になる。田村長官は17年の観光を象徴する一文字の漢字として「展」を挙げ、発展や展開の好循環が続いていると言及した。

JTBは21日、2018年の旅行動向見通しを発表した。訪日外国人は3200万人と17年見込みに比べて12.3%増えると予測。日本人の1泊以上の旅行人数も国内、海外ともに増加するとみる。格安航空会社(LCC)の路線やクルーズ船の増加などが寄与するほか、働き方改革で休みが取りやすくなる人が増えることも旅行市場を後押しするとしている。

訪日客数の伸び率は鈍化するものの、さらなる増加が見込まれる

訪日外国人は人数の伸び率は17年見通しの18.3%増より鈍化するが、免税制度の拡大で消費の増加が期待できる。手ぶら観光支援や企画乗車券の増加など訪日客向けのサービスが充実することも追い風となる。全国で解禁される

前のページにはブラウザの『戻る』でお戻りください。
ページトップへ戻る

ホテル数宇が増えても民泊に影響はないかも?

エアビーの日本での登録部屋数が5万室でフランスでは50万室です。

フランスの観光客数は8370万人で日本の約3倍です。

日本では東京・大阪を中心に都会ではホテルが高稼働率で約90%です。

フランスは59%と日本より低いです。

欧米では旅の仕方が変わり民泊が支流になっています。

宿泊施設としてホテルと民泊は別物になりつつあります。

供給数をホテル+民泊でカウントするのは間違いです。

来年以降民泊新法(住宅宿泊事業法)が施行され本格的に民泊が日本に根付けば独自の民泊ビジネスが確立されます。

民泊ビジネスのあり方を考えていきたい。

産業構造が変わる可能性もある。先行して普及するフランスでは「ホテル業界の雇用減少は民泊の影響」(仏ホテル業界団体)とされる。エアビーはフランスで50万近くの物件を掲載。14年の訪仏観光客数は8370万人と08年比6%増えたが、ホテルの客室稼働率は59.2%と2ポイント以上低下した。

前のページにはブラウザの『戻る』でお戻りください。
ページトップへ戻る

非日常を体験できる旅が流行ってます。その象徴が「民泊」だと言えます。

外国法人客が非日常を体験できる宿が「民泊」です。

京都の町屋やお寺・神社は日本文化の象徴であり、訪日外国人は魅力的です。

日本人が好まないものが訪日外国人は好まれてます。

資産の利用価値・再利用価値をインバウンドから見つけっれるかポイントです。

民泊を全国で解禁する住宅宿泊事業法(民泊法)の施行(2018年6月15日)まで半年となった。17年も訪日外国人客は過去最多を更新、2800万人に達する見通し。政府は20年までに4千万人に増やす目標を掲げる。

建築されて100年以上がたつ高山善光寺(岐阜県高山市)。本堂に併設した約93平方メートルの部屋に、会社の同僚と泊まった。税込みで1部屋1泊約6万円。

こうした体験は寺ならではの魅力。「日本の伝統文化を身近に感じられる」と話す。座禅や写経を経験することも可能だ

現在、合法的に民泊を営むには、旅館業法の許可か国家戦略特区の認定が必要だ。高山善光寺は旅館業法で簡易宿所として認められている。18年6月施行の民泊法は、日数上限などはあるが都道府県に届け出ればよい。一般住宅に加えて古民家や寺など個性的な物件も増えそうだ。

今や日本にとって訪日客効果は景気を左右し、個人消費にも大きく影響を与えている。「4千万人時代」を円滑に迎えるためにも、民泊が担う役割は大きい。

産業構造が変わる可能性もある。先行して普及するフランスでは「ホテル業界の雇用減少は民泊の影響」(仏ホテル業界団体)とされる。エアビーはフランスで50万近くの物件を掲載。14年の訪仏観光客数は8370万人と08年比6%増えたが、ホテルの客室稼働率は59.2%と2ポイント以上低下した。

日本では五輪開催などで「ホテルが足りなくなる」と言われたが、実は客室は不足しないとの試算も出ている。不動産サービス大手CBRE(東京・千代田)の調査では都市部で約3割増える見通し。今後、民泊間だけでなくホテルなどとの競争も激しくなりそうだ。

前のページにはブラウザの『戻る』でお戻りください。
ページトップへ戻る

来年は民泊元年といわれる全国解禁となります。

シェアリングエコノミーの象徴である「民泊ビジネス」に法整備が追いついていなかったのが、2018年6が卯15日民泊新法(住宅宿泊事業法)の施行で合法となります。

民泊運営した人の問題解決のアプリが発表されたりと、周辺のお困りに注目です。

 TATERU bnbアプリは、民泊の運用を希望するユーザーに、オンライン上で民泊に最適な土地情報や建物のマッチング、宿泊マーケットのコンサルティング、IoT民泊運用管理のワンストップサービスを提供する民泊運用プラットフォーム。ユーザーは、TATERU bnbアプリから会員登録をすることで、コンサルタントからチャットで物件の提案を受けたり、IoT民泊運用のメリット、デメリットを確認したりできる。

 TATRU bnbが企画する民泊施設には、IoTで民泊運用のコストを抑え、運用業務の効率化を図る「bnb kit」を標準装備。bnb kitには、4つの方法で解除できる「スマートキー」に加え、宿泊者情報の取得やタブレットでのチェックインが可能な「スマートチェックインパッド」、旅行者向けIoTデバイス「TRIP PHONE」を備えている。

 宿泊者に無料でレンタルするTRIP PHONEでは、施設周辺のおすすめ飲食店などの紹介や予約、交通機関の案内やタクシーの予約など滞在中の要望を、トリップ・コンシェルジュが24時間、多言語で対応している。

前のページにはブラウザの『戻る』でお戻りください。
ページトップへ戻る

日本の行政が民泊で認めるかは、設置場所パートナーのオペレーションが必要となります。

簡単なフロント(レセプション)機能が求められるかもしれません。

対面を重視している日本お行政では、完全無人は難しい状況です。

何でもそうですが、ルールを予め示し守ってもらう教育がポイントです。

設置場所まで鍵を返しに来てくれるか?

設置場所が開いている時間に来てくれるか?

民間は柔軟にお客様に対応しますが行政は難しです。

民泊を中心に色々なビジネスが生まれるとワクワクしますね。

ゴールドラッシュでは、金を採掘する人より道具やジーンズを売る人の方が儲かった話がります。

民泊周辺ビジネスは何が儲かるのでしょうか?

日本法人設立で端末設置パートナーを募集

IoT端末のKeycafe Smartboxを運営するキーカフェはこのたび日本法人のキーカフェ・ジャパン合同会社を設立、日本市場に本格参入する。Keycafe Samrtboxは、遠隔・無人での鍵の受け渡しを可能とするもので、日本では民泊などでの利用を想定している。

Keycafe Smartboxは19個のキーキャビネットとタッチパネルを装備している。 鍵の持ち主(ホスト)が鍵を端末に預け入れた後、 インターネットを通じてゲストや知り合いに鍵へのアクセス権を付与。ゲストは電子メールまたはSMSに記載されたKeycafe Smartboxの設置店舗に来店し、 タッチパネルにアクセスコードを入力するだけで鍵を入手することができる。アクセス権はゲストごとに変更され、 さらに一定期間のみ有効のアクセス権も設定も可能。 すべてのプロセスが無人かつ遠隔から管理される。

日本市場での本格展開に向けて、キーカフェでは、端末の設置を希望するロケーションパートナーの募集を開始する。機器代・設置費用などはキーカフェが負担するため完全無料。24時間のカスタマーサポートも提供する。ロケーションパートナーは設置場所と電源を用意する。

Keycafe Smartboxは現在、現在ニューヨーク、パリ、ロンドン、バンクーバーなどの主要都市で500ヶ所以上に設置されている。

前のページにはブラウザの『戻る』でお戻りください。
ページトップへ戻る

日本人、外国人を合わせ日本国内から出国すると1人1,000円となります。

消費税もパーセンテージが上がったように、出国税も上がるのでしょうか?

徴収した税金の使用国敵ははっきりしてもらいたいものです。

一部を民泊の推進に使われるとうれしいです。

政府・与党は8日、観光施策の財源に充てる「観光促進税」(出国税)を2019年1月から導入する方針を固めた。

 当初は同4月からの予定だったが、20年に訪日外国人旅行者を4000万人に増やす目標を達成するため、早期導入が必要と判断した。

 新税は1人1回の出国につき1000円を航空運賃などに上乗せして徴収。税収は出入国手続きの円滑化や訪日プロモーションの強化などに充てる。16年の出国者数は日本人、外国人合わせて約4000万人で、年間約400億円を確保できる計算だ。

前のページにはブラウザの『戻る』でお戻りください。
ページトップへ戻る