企業

民泊新法のガイドラインで火災保険加入を推奨してます。

民泊新法施行前の1月の段階では、特区民泊対象でスタートとのことです。

住宅の空き部屋などに旅行客を泊める「民泊」で、管理する部屋を貸し出す民泊事業者が、宿泊者に施設が壊されるなどして物件のオーナーから賠償を求められた場合、賠償費用を補償する保険の販売を、東京海上日動火災保険が来年1月から始める。

6月の民泊新法の施行を控え、参入する事業者を支える保険になりそうだ。

新しい保険は民泊新法や、国家戦略特区法に基づく合法な民泊事業者が対象。

宿泊客が部屋の畳を汚したり、騒いで設備を壊したりした場合、物件の持ち主が事業者に賠償を求めたケースなどを想定する。

保険料は、賠償限度額が3億円の場合、80平方メートルで年2万円程度になるという。

 ホテルなど旅館業法に基づく宿泊施設については同様の保険があるが、民泊事業の拡大を見込んで新たな保険をつくった。

前のページにはブラウザの『戻る』でお戻りください。
ページトップへ戻る

許可制が大半ですが、二刀流時代への始まりです。

本業の職種をアルバイトするのでなく、異業種で働くことがポイントになってます。

人材育成・能力開発の観点からです。

本業を持ちながら異業種などで働く副業を認める企業が増えている。

人材育成の一環として、コニカミノルタやソフトバンク、ディー・エヌ・エー(DeNA)が相次ぎ容認し始めた。人材の流動性が海外に比べて低い水準にとどまるなか、副業を通じて働く人の能力を十分に引き出すことが、日本経済や企業にとって人材の有効活用につながる。

コニカミノルタは1日に人事制度を改め、副業を認めるようにした。本業との相乗効果などを見極めて容認するかを判断する。約1カ月間で3件を承認し、2件が起業だった。副業で異業種の経験などを積んだ社員による「イノベーション(革新)創出につなげる」(若島司常務執行役)。

ソフトバンクは11月、全社員約1万7000人を対象に副業を認めた。すでに約100人がプログラミングやセミナー講師など専門技術を生かせる副業を持つ。DeNAは10月から約30人の社員の副業を認めている。

中国レノボ・グループ日本法人は業務に支障を与えない条件で、約2千人の社員に副業を推奨する。

各社は、社員が本業だけでは難しい経験や人脈を副業を通じて得ることで、技能を高めたり、士気向上につなげたりする効果を期待している。

賃金が伸び悩むなか、副業は働く人の収入増のメリットもある。シニア層が定年後のライフプランを立てるうえで副業を活用する例も増えそうだ。

大企業などで培った経験を副業として生かすことは、人材難に悩む中小企業の経営支援にもつながる。時間単位の経営相談に応じるビザスク(東京・目黒)は5万2千人のコンサルタントのうち、7割が副業として登録している。例えば販路開拓に悩む中小企業に対して、大手メーカーの営業社員が助言する。

欧米では副業が定着している。米国では労働力人口の3割にあたる約4400万人が主な仕事とは別にフリーランスとしての収入源を持つ。

一方で、日本では副業を持つ人は数%にとどまる。リクルートキャリアが2月にまとめた企業調査(1150社回答)では、77%が副業を認めていない。経団連も副業について「(推進へ)旗振り役をすることはない」(榊原定征会長)と慎重だ。

多くの企業が長時間労働の助長や情報漏洩を懸念し、就業規則で副業を禁止している。コニカミノルタは副業申請の段階で、本業と合わせた労働時間の見通しを提出させ、長時間労働を防ぐようにしている。

現在の勤労管理のルールは、副業を前提にしていない。労働基準法では、複数の企業で働く場合にはすべての労働時間を合算するのが前提となっている。複数の企業で法定時間を超えて働くと、副業先の企業が残業代を負担するとの解釈がある。厚生労働省は2018年にも副業がしやすいように、勤労管理ルールの見直しに入る。

前のページにはブラウザの『戻る』でお戻りください。
ページトップへ戻る

人手不足でも人件費は、思ったように上がりません。

支払う人件費を上回る売り上げが見込めず、事業者は費用対効果から休業を選択する。

私は人口減少に伴い労働人口減少になるから労働集約型ビジネスに疑問を持ってきました。 

しかし、人件費が上がれば労働不足はカバー出来ると思っていましたが、間違っていることに気づきました。

労働人口が減少して受給バランスが崩れても、スペシャリストでないと賃金は上がらないです。

賃金を上げられないです。上げられないから人が集まらない。

「新規開業パネル調査」の中で経営上苦労している点をみると、「従業員の人数が不足している」、「必要な能力を持った従業員を採用できない」がありました。

大手も一緒で苦労している点です。

だから、元旦営業を断念する企業が業種を問わず拡大しています。

ロイヤルホールディングス(HD)は、傘下のファミリーレストラン「ロイヤルホスト」で、2018年から全国の9割超の店舗で元日休業する。元日は週末並みの売り上げが見込めるが、「従業員に正月はリフレッシュしてもらう方が、結果的にサービスの質が向上し会社の利益になる」(同社)との判断だという。傘下の天丼チェーン「てんや」では17年から元日休業を始め、18年は対象を全国の8割に拡大する。

外食大手の大戸屋HDも、元日に休業する店舗を17年から2倍に増やし、18年は全直営店の約半数が休む見込み。対象店舗は今年の大みそかも休業する。同社も「従業員のワーク・ライフ・バランスを優先したい」と話す。

北海道や北関東でコンビニ「セイコーマート」を運営するセコマ(札幌市)も、元日休業の店を17年から拡大し、過半数の店舗で休業に踏み切る。

外食やコンビニ業界は人手不足でアルバイト店員を確保しにくく、人件費も高騰している。年末年始はさらに割増賃金を支払う必要もあり、高い費用をかけて営業するより、休業で労働環境改善や従業員の意欲向上につなげる方がよいとの判断だ。

元日休業の波は他業種にも広がる。通信大手のソフトバンクは携帯電話販売店「ソフトバンクショップ」「ワイモバイルショップ」を18年から原則として元日休業とし、全国の約8割の店が休む見込みだ。休業による各店の売り上げ減などを補うため、休む店舗には会社が支援金を支払う。同社は「売り上げを気にせず心おきなく休んでほしい」としており、労働環境を整え従業員の離職を防ぐ狙いだ。

正月営業が恒例だった住宅展示場も休業となる。大和ハウス工業は正月三が日に全国の住宅展示場や営業所などを休業とする。同社は「正月は日本人にとって大事な行事。家族と過ごすことで本人の意欲向上につながり、休み明けの生産性も高まる」と話す。

前のページにはブラウザの『戻る』でお戻りください。
ページトップへ戻る

ビジネスにはホームとアウェーがあると思いますが、戦うならホームですよね!

楽天はIT企業でホームは、バーチャルではないでしょうか?

リアルの労働集約型ビジネスモデルをやるのはいかがでしょうか?

外注使うといっても全面に楽天だから言い訳きかないですよね。

Airbnb(エアービーアンドビー)みたいにプラットフォームに徹した方が賢いと思います。

マンスリーマンションサイトも反響がないみたいですし、大丈夫かな?

猫も杓子も皆で民泊、民泊、民泊……..

企業が運営して良い民泊できるんでしょうか?

疑問です???

冷静に見ながら商機ありと思います。

楽天グループで民泊事業をおこなう楽天LIFULL STAYはこのほど、レオパレス21による「特区民泊(国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業)」向け物件の運用代行サービスを開始した。

今回の取り組みは、楽天LIFULL STAYが民泊施設や簡易宿所オーナーや不動産事業者向けに展開する「全部運用代行パッケージプラン」を通じて実施するもの。具体的には、集客や空室管理、問い合わせ対応、清掃といった宿泊施設運用に関する業務を楽天LIFULL STAYがまとめて代行。例えば、遊休資産を活用して民泊運用をしたいオーナーや、運用業務に時間を割けないオーナーへのサポートを進めていく。

なお、レオパレス21は今回、特区である東京都大田区の所有物件を対象に、楽天LIFULL STAYと連携して特区民泊用の改装を実施する計画。また、今回の取り組みを通じて、楽天が今後開設する予定の民泊サイト「Vacation STAY」(仮称)にもレオパレス21の物件を掲載する予定だ。

前のページにはブラウザの『戻る』でお戻りください。
ページトップへ戻る

来年は民泊元年といわれる全国解禁となります。

シェアリングエコノミーの象徴である「民泊ビジネス」に法整備が追いついていなかったのが、2018年6が卯15日民泊新法(住宅宿泊事業法)の施行で合法となります。

民泊運営した人の問題解決のアプリが発表されたりと、周辺のお困りに注目です。

 TATERU bnbアプリは、民泊の運用を希望するユーザーに、オンライン上で民泊に最適な土地情報や建物のマッチング、宿泊マーケットのコンサルティング、IoT民泊運用管理のワンストップサービスを提供する民泊運用プラットフォーム。ユーザーは、TATERU bnbアプリから会員登録をすることで、コンサルタントからチャットで物件の提案を受けたり、IoT民泊運用のメリット、デメリットを確認したりできる。

 TATRU bnbが企画する民泊施設には、IoTで民泊運用のコストを抑え、運用業務の効率化を図る「bnb kit」を標準装備。bnb kitには、4つの方法で解除できる「スマートキー」に加え、宿泊者情報の取得やタブレットでのチェックインが可能な「スマートチェックインパッド」、旅行者向けIoTデバイス「TRIP PHONE」を備えている。

 宿泊者に無料でレンタルするTRIP PHONEでは、施設周辺のおすすめ飲食店などの紹介や予約、交通機関の案内やタクシーの予約など滞在中の要望を、トリップ・コンシェルジュが24時間、多言語で対応している。

前のページにはブラウザの『戻る』でお戻りください。
ページトップへ戻る

日本の行政が民泊で認めるかは、設置場所パートナーのオペレーションが必要となります。

簡単なフロント(レセプション)機能が求められるかもしれません。

対面を重視している日本お行政では、完全無人は難しい状況です。

何でもそうですが、ルールを予め示し守ってもらう教育がポイントです。

設置場所まで鍵を返しに来てくれるか?

設置場所が開いている時間に来てくれるか?

民間は柔軟にお客様に対応しますが行政は難しです。

民泊を中心に色々なビジネスが生まれるとワクワクしますね。

ゴールドラッシュでは、金を採掘する人より道具やジーンズを売る人の方が儲かった話がります。

民泊周辺ビジネスは何が儲かるのでしょうか?

日本法人設立で端末設置パートナーを募集

IoT端末のKeycafe Smartboxを運営するキーカフェはこのたび日本法人のキーカフェ・ジャパン合同会社を設立、日本市場に本格参入する。Keycafe Samrtboxは、遠隔・無人での鍵の受け渡しを可能とするもので、日本では民泊などでの利用を想定している。

Keycafe Smartboxは19個のキーキャビネットとタッチパネルを装備している。 鍵の持ち主(ホスト)が鍵を端末に預け入れた後、 インターネットを通じてゲストや知り合いに鍵へのアクセス権を付与。ゲストは電子メールまたはSMSに記載されたKeycafe Smartboxの設置店舗に来店し、 タッチパネルにアクセスコードを入力するだけで鍵を入手することができる。アクセス権はゲストごとに変更され、 さらに一定期間のみ有効のアクセス権も設定も可能。 すべてのプロセスが無人かつ遠隔から管理される。

日本市場での本格展開に向けて、キーカフェでは、端末の設置を希望するロケーションパートナーの募集を開始する。機器代・設置費用などはキーカフェが負担するため完全無料。24時間のカスタマーサポートも提供する。ロケーションパートナーは設置場所と電源を用意する。

Keycafe Smartboxは現在、現在ニューヨーク、パリ、ロンドン、バンクーバーなどの主要都市で500ヶ所以上に設置されている。

前のページにはブラウザの『戻る』でお戻りください。
ページトップへ戻る

儲かっているビジネスは、全てコンビニですか?

記憶に新しいとドーナツです。

思い返せば、ATM、郵便ポスト、チケット受け取り、宅急便、公共料金支払い、イートイン、民泊鍵渡しから始まり最近はコインランドリーそしてフィットネスジムとなります。

土地もあるし24時間従業員がいるから。

コンビニオーナーは本当にこれだけ多い事業マネージメント出来るのでしょうか?

会社退職後に仕事に選んだコンビニ事業がこんなに大変になるとは、思っていないでしょう。

アルバイトがいなければ自ら店頭に立たなければいけない。

地獄ですね!いずれにせよコンビニが中心となるのでしょう。

フィットネス事業への参入について ~新たなビジネスモデルの構築に向けて~

株式会社ファミリーマート(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:澤田貴司)は、高まる健康志向への対応と加盟店のさらなる事業拡大を目的に、24時間フィットネス事業へ参入いたします。

ファミリーマートがフィットネス事業を展開することで、加盟店に新たな事業展開の場を提供するとともに、新たなビジネスモデルを構築してまいります。

健康志向の高まりに加え、ライフスタイルの多様化により、好きな時間に気軽に利用できる24時間フィットネスの市場は拡大しております。また、24時間フィットネスの利用者は20代から40代の男女が中心で、CVSを利用するお客さまと一致しており、親和性の高い業態と考えております。

以上のような背景を受け、ファミリーマートでは、地域社会のインフラとしての健康増進への寄与と、加盟店への新たな事業モデルの提供を目的に、新たに「Fit&GO」のブランドを立ち上げ、フィットネス事業に参入し、より便利で快適なサービスの展開を行ってまいります。ファミリーマートが事業主体となることで、加盟店がCVS事業とフィットネス事業を同時に経営でき、加盟店収益の向上に繋がるものと考えております。なお、よりスムーズな運営を行うため、CVSとフィットネスの運営スタッフは分け、お客さまにサービスを提供してまいります。

なお、1号店は、2018年2月中旬を目途に東京都大田区に出店いたします。会員募集は、12月上旬を予定しております。詳細は「Fit&GO」のオフィシャルサイトをご覧ください。

※参考画像は添付の関連資料「参考画像2」を参照

〔Fit&GOの特徴〕

・会員は、専用のIC式バンドで好きな時間に利用可能。入館記録などをもとに、お客さまの安全管理を実施。

・スマートフォンアプリを活用することで、マシンの使い方動画や効率的なトレーニング方法などをサポートするメニューなどを提供。初めて体験する方にもわかりやすいトレーニング案内ツールを準備。

・パーソナルトレーナーによるサポートで、より運動を楽しく続けられる仕組みを構築。個々にあった運動の仕方を提案することにより、続けられるフィットネスをサポート。

・ランニングマシン、ウェイトスタックマシンなどのトレーニングマシンの設置に加え、トレーニングエリアを可視化し、様々なファンクショナルトレーニングも可能な、楽しく使いやすい空間づくりを実施。

・シャワールームなども設置することで、通勤時間や帰宅途中など短時間でもご利用が可能に。

・アロマやおしぼりの設置、エリア別のミュージックプレイリストを準備するなど、アクティブ&リラクゼーション体験が可能に。

・ファミリーマート店舗ではサプリメントなどの健康食品やタオルやボディーソープなどの日用品などを販売。その他フィットネスジムや健康、美といった親和性の高い商品の品揃えも強化。

ファミリーマートは、「あなたと、コンビに、ファミリーマート」のもと、「Fun&Fresh」をテーマに、小商圏における生活インフラとして、来るたびに楽しい発見があり、新鮮さにあふれた、お客さまの気持ちにいちばん近いコンビニエンスストアを目指してまいります。

前のページにはブラウザの『戻る』でお戻りください。
ページトップへ戻る

大手のマーケティングはどうなってるのでしょうか?大量生産の時代は終わってますよ。

JR西日本が運営ホテル客室数を1万室を超える見通しだと発表しました。そんだってはJR東日本・三井不動産・野村不動産からワタベウェディング等そうそうたる大企業がホテルを計画してます。

2020年東京オリンピックの大会開催中は宿泊施設が不足するかもしれませんが、訪日外国観光客が4000万人になっても宿泊施設不足しないですよね。

大手は民泊や零細宿泊施設に影響するくらいにしか思ってませんね。

ビジネスはお客様の問題解決です。

お客様が求めている宿泊したときのイメージ(未来像)は何でしょうか?

室数だけ増やせばいいのでしょうか?

2020年までに東京で計画されているホテルの3割は、アパホテルだそです。

びっっくりです!

JR西日本は22日、2019年度中に運営するホテルの総客室数が1万室を超える見通しだと発表した。19年秋に観光客に特化した新ブランドのホテルを京都で開業するなど、現在の7439室から約4割増やす。訪日外国人の増加に伴い国内の宿泊需要が高まっている。JR東日本や三井不動産も20年度までに1万室を目指しており、競争が激化しそうだ。

新ホテルは観光客に利用を絞ったのが特徴で、京都駅西側の梅小路公園内に開業する。ホテル運営を手掛けるホロニック(神戸市)との共同出資会社が運営する。客室数は約140室。宿泊料金はこれからつめる。レストランや温浴施設、物販施設などを備える。

客室を従来のビジネスホテルより広くするほか、ラウンジなど共用スペースを充実させる。宿泊客が地元農家を訪ねるツアーなども検討し、宿泊だけでなく、滞在を楽しめるようにする。

JR西日本は別途、宿泊特化型ホテルの開発も進めている。19年度までにビジネスホテル「ヴィアイン」を福岡や大阪などに7施設、ヴィアインより価格の高い「ヴィスキオ」を大阪などに3施設開業する。18年春にはカプセルホテル「ファーストキャビンステーション」を和歌山に開く。

前のページにはブラウザの『戻る』でお戻りください。
ページトップへ戻る

京都府は新制度の基準について、「家主居住型」での管理業者の委託と、損害賠償保険加入、バリアフリー対応と地域貢献を項目とする方針です。

管理業者への委託は若干委託料が費用負担になります。

賠償保険は運営する上で必須なので問題ありません。

地域貢献も地域との調和が必要と思われますのでいいと思います。

問題はバリアフリー対応です。

洗面やトイレ・お風呂等をバリアフリー対応にするにはとても費用が掛かります。

また廊下・階段幅も問題になります。

優良な民泊を認証程度で済めばいいですが、発展すると問題です。

数年前アパホテルが障碍者対応駐車場を一般に貸出指導受けた事例があります。

規制範囲の拡大に慎重な意見が出たとのことは少し救いです。

京都府は24日、来年の府議会2月定例会で制定を目指す民泊条例で、優良な民泊を認証する新制度の基準について、「家主居住型」での管理業者の委託と、損害賠償保険加入の2項目を加え、4項目とする方針を示した。

同日、民泊条例について意見を聞く有識者会議の場で示した。
府はこれまで優良民泊認証の基準として、バリアフリー対応と地域貢献を示していた

。住宅宿泊事業法(民泊新法)では家主居住の場合に管理業者を不要としているが、宿泊施設の運営にノウハウを持つ業者に管理を委託することで、衛生面や近隣トラブルへの対応で専門性を高められるとした。

民泊の営業日数を制限する区域に関しては、府内の市町村から道路の狭い山間部の観光地周辺などにも対象を広げるよう要望が出ているが、委員からは「どの程度の問題が起こるか分からないのに制限するのは不合理だ」として、規制範囲の拡大に慎重な意見が出された。
府は条例案の骨子をまとめ、12月中に府民意見を募る。

前のページにはブラウザの『戻る』でお戻りください。
ページトップへ戻る

先日沖縄で民泊フロント―サービスにファミリーマートが参入報道がありましたが、今回はコインランドリー事業です。

民泊を始める時の物件選びのチェックポイントはコインランドリーが徒歩5分以内、乾燥機を含め複数台あるかです。

シーツやバスタオルを3名~4名分を短時間で洗濯・乾燥をするのは、家庭用では無理です。

そんな時コインランドリーの業務用乾燥機は強い味方となります。

民泊のクリーニングはゲストの退去時一回のみ行われ、その中にはベットメイキング、リネン類の洗濯・乾燥も含まれます。

物件近くにコンビニ+コインランドリー+フロントが備わったいるのは最高です。

逆にコインランドリー事業を単体で考えている人は注意しないとコンビニに持っていかれます。

山ノ手線沿線のコンビニは、どうなるのでしょうか?

コンビニエンスストア大手のファミリーマートは23日、コインランドリー事業に参入する方針を明らかにした。

都市部を中心にコインランドリーの利用者は増えている。

今度はコインロッカー事業にも参入ですかね?

ファミマは2019年度末までに、コインランドリーが使える店舗を約500店展開する計画だ。

店内に併設する形のほか、郊外の店舗では、駐車場の一部に専用の建物を設けてコインランドリーを使えるようにする。第1弾として、18年春をめどに関東地方の2店舗で始める。

共働き世帯が増える中、週末にまとめて洗濯をしたい利用者や単身世帯が増え、クリーニングよりも安いコインランドリーの需要は増している。ファミマはこうした顧客を取り込むことでコンビニでの「ついで買い」につなげるなど相乗効果を狙っている。

沖縄ファミリーマート(那覇市、野崎真人社長)は2日、空き室を活用して一般住宅に有料で客を泊める「民泊」事業で、県空室対策事業協同組合(那覇市、佐平八十男代表理事)との業務提携を発表した。県内のコンビニ店舗が「チェックインポイント」となり、安心・安全な環境で民泊利用者にスマホなどの電子機器を通じて開錠・施錠できる鍵の受け渡しを行うサービスを7日から始める。

同組合が手掛ける民泊仲介サービス「コンビニアム」は、宿泊者を募っている県内の別荘や空き家をウェブサイト上に登録し、観光客などの宿泊希望者が民泊物件の検索や宿泊の予約ができる。

宿泊の際には、予約した物件近くのファミリーマートに設置されている情報端末ファミポートで「チェックイン専用QRコード付チケット」を発券する。民泊物件は電気通信で鍵を操作するスマートロックで施錠されており、QRコードをスマホで読み取ることで、スマホが電子キーとなって部屋の開錠ができる。

沖縄ファミリーマートは「防犯カメラや対面機会がないことによる利用者の安全面の不安など、民泊での課題を、各店がフロント業務的役割を果たすことで解決する」と述べた。

前のページにはブラウザの『戻る』でお戻りください。
ページトップへ戻る